毛並みが悪い原因としてはほとんどの場合、栄養不足などが考えられますが、その他にも考えられる原因としては日頃から愛犬の手入れをしていない場合です。では、実際に犬にはどのような手入れが必要になるのかについて説明をします。

まず必要となるのが定期的なシャンプーです。犬は人間のように毎日お風呂に入る必要はありません。しかし、全くお風呂に入らないのは毛並みが悪くなる原因となりますし、散歩などをする場合は汚れなども溜まることが多く、それによって皮膚病などにかかる恐れもあります。毛並みが悪くなるだけではなく、他の病気にもかかる恐れがあるので、定期的にシャンプーは行うようにしましょう。シャンプーはある程度目安があり、月に1回から2回程度洗ってあげるのがいいと言われています。また、シャンプーやリンスーは刺激の少ないものを使ってあげるのが基本です。

続いての手入れとしては、ブラッシングです。毛並みを綺麗に整えるためには日頃のブラッシングが大切です。慣れていない犬などは嫌がることがありますが、それでもブラッシングは定期的に行った方がいいでしょう。ブラッシングをすると毛玉等を取り除くことができますし、ダニやノミによる皮膚病などの早期発見につながることもあります。散歩の後など日々のブラッシングを大切にしましょう。