犬は全身に毛が生えており、この体毛は自分の体を守るために重要な役割をする部分だと言われています。例えば犬は、人間のように服を着たりしなくても、夏場や冬場を乗り切ることができます。日本は四季がはっきりとしていますが、寒い時期でも暑い時期でも乗り越えられるのは体毛があるからだと言われています。このように体毛は体温調整をすることが可能なので必要不可欠なのです。しかし、この体毛はそれぞれの犬によって毛並みが異なる場合があります。中には毛並みが悪い犬もいます。毛並みが悪いのには色々な原因がありますが、犬を飼っている人は知っておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。まずは毛並みが悪い原因について話します。

まず原因としてあげられるのがオメガ脂肪酸です。これは犬の体毛や皮膚の健康維持には欠かすことができない栄養素です。必須脂肪酸には「オメガ-3脂肪酸」と「オメガ-6脂肪酸」がありますが、これらは犬自身の体内において脂肪酸が合成することがない為、飼い主が日々の食事などで意識することが大切です。オメガ脂肪酸について考えてあげないとバランスが崩れ、健康悪化にもつながるので注意が必要です。

また、たんぱく質の不足も毛並みが悪化する原因となります。体毛はタンパク質によって毛並みが変わります。不足すると毛並みが悪くなり、健康状態もよくない可能性があるので、こういった場合も食事などを見直すことで改善される可能性が高くなります。