ドッグフードは通販で購入を考えよう

愛犬の健康状態を保つためにはドッグフード選びは重要です。出来る限り慎重に、こだわって選ぶことで愛犬が喜ぶドッグフードを見つけることができます。しかし、購入する時には色々な方法があり、大きく分けると市販と通販の2つがあります。その中でも通販は人気を集めていますが、通販と言っても種類が多いので選ぶときに悩むこともあるのではないでしょうか。ここでは通販で購入する時のポイントについて話します。

まず、通販を利用する時にはドッグフードの種類についてを確認しましょう。通販だからと言って好みのドッグフードが販売されているかどうかはわかりません。中には品揃えがあまりなく、好みのドッグフードを見つけられない可能性もあります。無駄な手間を省くためにも出来る限り選ぶときには品揃えが豊富な通販サイトを利用するといいでしょう。特に専門店なら毛並みを良くするために必要な栄養素が含まれているドッグフードを選ぶことも可能です。

また、価格についても確認をしましょう。通販というと市販よりも安く販売されているイメージがありますが、店舗によて異なります。例えば送料などで市販よりも高くなってしまうこともあります。後悔をしないためにもトータルの価格で見て購入するようにしましょう。

毛並みは食事だけではなく、愛犬の手入れも忘れずに

毛並みが悪い原因としてはほとんどの場合、栄養不足などが考えられますが、その他にも考えられる原因としては日頃から愛犬の手入れをしていない場合です。では、実際に犬にはどのような手入れが必要になるのかについて説明をします。

まず必要となるのが定期的なシャンプーです。犬は人間のように毎日お風呂に入る必要はありません。しかし、全くお風呂に入らないのは毛並みが悪くなる原因となりますし、散歩などをする場合は汚れなども溜まることが多く、それによって皮膚病などにかかる恐れもあります。毛並みが悪くなるだけではなく、他の病気にもかかる恐れがあるので、定期的にシャンプーは行うようにしましょう。シャンプーはある程度目安があり、月に1回から2回程度洗ってあげるのがいいと言われています。また、シャンプーやリンスーは刺激の少ないものを使ってあげるのが基本です。

続いての手入れとしては、ブラッシングです。毛並みを綺麗に整えるためには日頃のブラッシングが大切です。慣れていない犬などは嫌がることがありますが、それでもブラッシングは定期的に行った方がいいでしょう。ブラッシングをすると毛玉等を取り除くことができますし、ダニやノミによる皮膚病などの早期発見につながることもあります。散歩の後など日々のブラッシングを大切にしましょう。

毛並みを良くするならドッグフードについて考えよう

犬の毛並みが悪くなる原因はいくつか紹介しましたが、改善する方法として上げられるのはドッグフードの見直しです。ここでは毛並みのことについて悩んでいる方のためにも、ドッグフードの見直しについて具体的に説明をします。

まずドッグフードの見直しとして考えたいのが、穀物メインから高品質な動物性たんぱく質のドッグフードへ切り替えることです。あくまでも穀物メインのドッグフードを与えている人に限りますが、穀物メインのドッグフードは価格も安価になっていることから選ぶ人が多いと言われています。しかし、穀物メインでは肝心なたんぱく質を必要な分だけ摂るというのは難しいと言われています。栄養不足になりがちになるので、毛並みが悪くなる可能性も考えられます。穀物メインのドッグフードを与えている人は動物性たんぱく質を使用しているドッグフードへの切り替えを検討しましょう。

LINK■カナガン|動物性たんぱく質使用ドッグフード

また、犬にとって良質な脂質を与えることも毛並みを良くするためには大切です。脂質が不足すると皮膚病にもかかりやすく、体毛のツヤも悪くなります。人間にも必要と言われていますが、必須脂肪酸を与えるようにしましょう。毛並みを良くするだけではなく、皮膚の調整や動脈硬化予防などにもつながるので健康のためには重要です。

犬の毛並みが悪いのには原因がある

犬は全身に毛が生えており、この体毛は自分の体を守るために重要な役割をする部分だと言われています。例えば犬は、人間のように服を着たりしなくても、夏場や冬場を乗り切ることができます。日本は四季がはっきりとしていますが、寒い時期でも暑い時期でも乗り越えられるのは体毛があるからだと言われています。このように体毛は体温調整をすることが可能なので必要不可欠なのです。しかし、この体毛はそれぞれの犬によって毛並みが異なる場合があります。中には毛並みが悪い犬もいます。毛並みが悪いのには色々な原因がありますが、犬を飼っている人は知っておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。まずは毛並みが悪い原因について話します。

まず原因としてあげられるのがオメガ脂肪酸です。これは犬の体毛や皮膚の健康維持には欠かすことができない栄養素です。必須脂肪酸には「オメガ-3脂肪酸」と「オメガ-6脂肪酸」がありますが、これらは犬自身の体内において脂肪酸が合成することがない為、飼い主が日々の食事などで意識することが大切です。オメガ脂肪酸について考えてあげないとバランスが崩れ、健康悪化にもつながるので注意が必要です。

また、たんぱく質の不足も毛並みが悪化する原因となります。体毛はタンパク質によって毛並みが変わります。不足すると毛並みが悪くなり、健康状態もよくない可能性があるので、こういった場合も食事などを見直すことで改善される可能性が高くなります。